みなさん!!こんにちは~ここではシューティングゲームや自作漫画描き中心に、色々思ったことを書いて、公開していきたいと思っております。 虫姫さま ふたり 自分の心に本当に響くゲームに出会えたことに感謝。


by penkunginkun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア
新品で1980円で売られていて、ショックでした(^^;)
そんなに出来の悪いゲームじゃないのに、人を選びすぎるコアゲーで、はまる人には神ゲーにもなりえるゲームだと思います、世界観や音楽がすごくいいのに、敷居が高すぎる性で、ユーザには受けがよろしくない、勿体無いゲームですが(^^;)
そんなに安いなら買ってしまい、限定版と通常版の2本となってしまってますが(笑)
セーブが一個しかないので、イージーとノーマルを別々にプレイして見ましたが(爆)最初はイージーで通してゲームの流れをつかんだ方がいいですね、ノーマルは最終的に詰まりそうってか難しい(><)O(というのも能動的にプレイする自分には、ノーマルは無駄の無い計画性で進めないと詰まる恐れが・・・)


システムを理解するのに、膨大な説明文を読ませられるコアゲームなのですが(このゲーム最大の欠点、ゲームをプレイしながら、少しづつ、覚えさせて行く作りにできなかったのか?残念なゲーム)
ようやく面白さが解ってきました(^^;)

DSの機能を最大限に生かした、目新しさのあるゲームだと思います。
ジャンル的には、シューティングシュミレーションRPGでしょうか。
タッチペンで敵の弾幕をかいくぐり、攻撃しつつ、アイテムを回収するという、忙しいゲームではありますが、はまると病みつきになる面白さがあります。
ストーリーは、断片的でわけわからないので、ストーリーを楽しむタイプのゲームではなく、ゲームシステムを楽しむ作りですね、そういう意味では、ゲーマー向けのコアゲームだと思います。

ここで自分的に面白いと感じたのは、STG(シューティングゲーム)要素のカスリ(このゲームでは、ニアミスと言う)が存在することが、わかったんですね。

かすると青く光、経験値が入るんですよ、かすりつつ攻撃して、尚且つ回収してと忙しくなるのですが、この忙しさを楽しめるか?どうかが?このゲームの面白さの鍵だと思います、完全に人を選びますけど(^^;)

この圧倒的情報を把握しつつ、何度もリセットして初見ころしを把握して、最高のプレイで制圧するカタルシスな感じは、かの「伝説のオウガバトル」に似てる気がします。




1.クリアするには規定のターン内にクリアしないとゲームオーバー。

2.ザコ戦はターン内に下のビンゴスロットを縦・横・ナナメと合わさないとクリアにならないので、ザコ決めスロットは目押し重要。

3.敵が弾を撃つタイミングは左のバーが一番上に来たときに撃ってくる。

4.EXPでユニットをLVアップする、LVが高くないと使えない武器が存在するので。

5.敵の弾をかするとEXPが少し入る(稼ぎ)オブジェクトは残さず破壊できるのは、ユニットのウォリヤーのみ、半壊にはどのユニットでもできる、オブジェクトを破壊しまくらないとアイテム不足で泣くことになるので、破壊必須。

6.武器やユニットは消耗するので、トランソウル(ユニット継承)や同じ武器を融合して消滅をふせぐ、武器はは強化できるので、耐久力は増やしてからしないと弱い武器と融合した時に戻るとのこと。

7.ふたつのゾーン(C(カオス)とL(ロウ))を切り替えを使い分ける、攻撃すると霧が薄くなる、薄くなると攻撃するためのMPのジェムが大量に回収できなくなるため、出来る限りこまめに切り替え戦いたいところ。
(武器はCとLの専用で分かれてるので、使う武器をセットするときは注意は必要)

8.ユニットを仲間にするには、武器ではないキーアイテムをユニットに出撃してるユニットに与える、中には仲間にならないNPCもあり、それにもキーアイテムを渡すことで、新たなアイテムも入手できる作り、どのアイテムが?どのキャラか?は分からないので、偵察リセットで調べることにはなる(攻略本やネットで調べるにしても面倒な点(^^;))全体的にやり直し重要ゲームにて偵察よろしくということで(^^;)
好みのユニットを育てるのもこのゲームの醍醐味かも知れません、育てないと後半クリア不能に陥ると思うので。

9.ランスナイトとデュエリストはCゾーンの時にゲージためて移動できる、移動し続けると攻撃できないとはまるので、場面には適度に移動して、移動した場所を次のターンで別ユニットに変え、攻撃するという戦略もあり、高低差で高い方が有利にはたらくアーチャがいるなど、戦略が奥深いのもこのゲームの特徴。

10.敵の攻撃詠唱を邪魔できる回転ギミック(敵に数値が出てる時に敵の周りを回す)などがあるなど、面白いギミックも存在するので奥深い。


さすがに多い(苦笑)
しかしこのゲームほど、見ただけじゃ、相手が何やってるのか?分からないゲームもないと思う(^^;)
[PR]
by penkunginkun | 2009-07-19 02:21 | シューティングゲーム