みなさん!!こんにちは~ここではシューティングゲームや自作漫画描き中心に、色々思ったことを書いて、公開していきたいと思っております。 虫姫さま ふたり 自分の心に本当に響くゲームに出会えたことに感謝。


by penkunginkun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ラジルギノアWii体験会

ゲームSHOP1983にて
ラジルギノアWii体験会で一足早く遊んできました(^^)♪

率直な感想を言いますと

「めちゃくちゃ面白いです!これはゲーセンにあった時からプレイしたかったな~と思いました」

驚きました!自分はカラスからのファンでしたが、カラスのファーストプレイに感じた「?」感を感じず、純粋にシューティングゲームとして、楽しさを感じる作りになってますね(^^)

カラスはレベルを上げる概念で、戦略性の高いシューティングゲームでしたが(ショットよりソードの方が強かったので、アクションゲームな感じでしたが)
ラジルギノアは余計なものは省き、ストイックに純粋にシューティングゲームとして完成度を高めた作品と感じました、全体的にゲームバランスはすこぶる良いです(^^)

これは映像を観る側では、伝わらない、プレイしてわかる楽しさです。

色々感じたことを雑感してみる↓




ラジルギノアに関しては横画面で縦スクロールしても違和感ないですし(^^)むしろしっくりきてる感じです。
そして嬉しいふたり用仕様も世界観にぴったりです(^^)
ちなみに2P側スタートでルキで(ゲーセン仕様ですね)、始められるのも嬉しい(自分は常に2P側スタート・・・ルキちゃんラブで(爆))

ローディングも皆無なほど早いです、まずそこにビックリしました、前作のイルベロWiiは15秒も待たされたので(^^;)
前作になかったLRボタンも配置されてますし、痒いところに手が届く配慮がなされてます完璧です。
欲を言えば、Wiiリモコン単体で、1と2のボタンにもコンフイグできればよかったかなと。

今回は盾が無く、空中敵に当たり判定があるなど(下からも敵が出てくるので、いきなり被弾を避けるため、中央で戦うことになります)、今までプレイしてた身としては、厳しい面もありますが、アブゾネット(バリア)が溜まりやすく、非常にストレスなく、半無双っぷりを堪能できる作りになってるので、これはこれで楽しく面白いです(^^)

ソードは溜めて斬って(ソードボタンを押さないとソードに溜めのエフェクトが発生する)倒すと「X2」の倍率が入る分、稼ぎの戦略性はかなり奥深いものになってますね。
ただ真EDを目指すための奇数面のボスが、何度やっても倒せないOrz硬すぎる・・・。

ノーコンで8面道中で1億1千万点くらいです、どうも敵の弾よりも体当たりでいつの間にか?やられてる感が強いですね(^^;)

ゲームの基本的な部分は
アブゾネット展開=溜めて(敵の弾を吸いまくり、接近して斬りまくるなど)=また展開の繰り返しですが、ツボにはまるとアブゾネット状態(無敵状態)をいかに?維持しようと画策するのが楽しいです♪アブゾネットは展開が連続すればするほど、倍率が最大16までかかるので、稼ぎの部分でも考えるのは楽しいところですね(^^)

おまけのイルベロスティルは
ラジルギノアのウェポンで戦う内容になっています(123レーザーやバブルが無い仕様)
あと難易度も低くなってます、敵がレーザーを撃ってきません。
おかげで初回でラクにクリアできました(^^)真EDの条件、鍵50個は無理ですけどOrz

最後に気になった点

ふたり用では奇数面のボスの体力が全然減らなかったんですけど?(楽勝と思ってたら全然減らなくて焦りました(^^;))
真EDはひとり用のみ?それともバグ?

前作のラジルギの不満点を見事に改善された、ラジルギノアです(難易度が高い、被弾お手玉稼ぎとか、地上物の弾幕自重とかw盾で防ぐこと前程の中ボスの弾幕とか、とにかくレーザー攻撃が厳しいとかです)
[PR]
by penkunginkun | 2010-02-20 20:02 | シューティングゲーム