みなさん!!こんにちは~ここではシューティングゲームや自作漫画描き中心に、色々思ったことを書いて、公開していきたいと思っております。 虫姫さま ふたり 自分の心に本当に響くゲームに出会えたことに感謝。


by penkunginkun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最近のシューティング事情

逆にぬるくて誰もプレイしてない「カラス」ですが、個人的に気に入りました。
今日も一生懸命レベル上げに勤しんで、ラスボス自爆でクリア(爆)ショットLV96・・・あと4つで100か~惜しい。
家庭用移植されたら買いますよ~♪

ゲーム開始と同時に、雑魚に近づいて、バリア展開シールドで、雑魚撃破してみるみるレベル上がって、一面ボスを迎える頃にはシールドLV46も(うはうは)上がる上がりっぷりが楽しいです♪
こんなにぬるいシューティングゲームはある意味めずらしいですね。

虫姫さま ふたりとは対象的ですし、こっちは難しすぎて誰もプレイしてない(返って1作目をプレイしてる人がいるくらいだし(爆))
自分も当たり判定が見た目通りの判定で、前作よりも大きいため苦戦してます(^^;)
前作の見た目より一回り小さい当たり判定に、どれだけ救われたか痛感致します(爆)

ケイブの目指すところは、見た目に反映された、やられた~とハッキリとわかるシューティングゲームなのかもしれませんね(エスプガルーダ2からそうでしたから)

私・個人的な意見を申しますと、当たり判定が1ドット(・点)で、あることが望ましいです(とんでもなくヌルイ意見(爆))
[PR]
by penkunginkun | 2006-11-22 22:59 | ゲーム