みなさん!!こんにちは~ここではシューティングゲームや自作漫画描き中心に、色々思ったことを書いて、公開していきたいと思っております。 虫姫さま ふたり 自分の心に本当に響くゲームに出会えたことに感謝。


by penkunginkun
カレンダー

2009年 06月 26日 ( 3 )

ととモノ。2

ととモノ。2
プレイ中~
前作はレアゲーとして高価なWIZエクス2の内容を絵だけ変えただけでしたが(名作と謳われたWIZエクス2をこういう形でプレイできたので、これはこれでよかった(^^))
今回は野外に出たりと、しっかり一から作り直した、ほんとの意味でのオリジナル度の高いほんとの意味での(笑)ととモノ。ですね(^^)
WIZシステムは完成されてるので、面白いです!ツボを抑えるとどっぽりはまります!

ただ前作同様ダンジョン移動はもっさりしています(^^;)エルミナージュとか高速移動できる分、ちょっとね気になります。

只ね・・・絵の萌え要素とは裏腹にWIZシステムなので、内容は物凄く硬派でシビアですね(^^;)
だって!死んで蘇生に失敗して、灰からも失敗すると、萌えキャラロスト(消滅)するんですよ!(爆)

これを購入する人はこのゲームの内情を知って購入してるのか?気になります。

まさに軽い気持ちでプレイすると痛い目を見るゲームかと(^^;)

現在LV7ですが、最初のダンジョン制覇した次からのダンジョンの敵の強いこと、一撃で死ぬるし(^^;)
あとトラップが陰険、回転床と電撃壁のトラップで、思わず壁に触れた時の、即死コンボに悶絶です。
HP50のフェアリーが即死っす!一人死ぬと生き返らすのに寺院に戻らないといけないので、リセットなのですが、タイトルに戻るもロードもないのがキツイですね(^^;)
フェニックスの尾プリーズ~(爆)
只今全滅の宴中(笑)

あと前作より遊びやすくなっています、キャラクターメイキングの肝である、BP振り分けポイントが、入学に入るたびにBPが変わるので、BPが高い時を狙ってキャラを作れるところがいいですね、ちなみに自分の最高値は40が一回出ました(^^)
職業は侍が剣士に変わっていたり(忍者はそのままなのに(笑))僧侶の魔法が魔法使いに統一されたり、司祭がないのでいちいちアイテム鑑定しなくて済むので、かなり遊び易い仕様だと思います。
ダンジョンも前作では手抜き間全開の内容が(笑)しっかりと入り組んだダンジョンになってますし、しっかりと配慮した作りに好感が持てます(^^)そのせいかより、エルミナージュに近い気もしました。

追記
生き返らすアイテムが1000Gで売ってました(^^;)
今作はかなりヌルイ難易度と思いますが、トラップだらけというのも参りますOrz(これを逆手にとると、1歩1歩慎重に進む緊張感があると、とらえられるかも?)
説明書を読んだら、ソフトリセットを使えば、オートセーブの再開で、電撃又は、レベルアップの上下の変動調整をセーブ前に戻せて遊べるので、そんなに苦にならないことに気付く(^^;)色々と小技を知っとくと、ラクになるゲーム性であります。
[PR]
by penkunginkun | 2009-06-26 02:10 | ゲーム
WiiのVCアーケードで配信されています。
ギャラガ88のアーケードも難しいけど、なかなか秀逸な面白い作品だと思います(^^)
とくにボーナスステージのサウンドと、踊るエイリアンの動きのタイミングには、思わず、すげーと楽しく思います。
基本いかに死なずに、最初のトリプルで生き残るか?が問われるゲーム性も、このゲームの難しいところです、しかし全てのボーナスステージの演出は一見の価値アリです♪


この動画、肝心のボーナスステージ見せてないし(^^;)
[PR]
by penkunginkun | 2009-06-26 00:34 | シューティングゲーム
XBOX360のLIVEアーケードに
マジック・ザ・ギャザリングが配信されてまして、普通1200のところ、800ポイントと安かったので、思わず懐かしくて落として遊んでました(^^)
英語版で、読めないですけど(^^;)
手探りでプレイしていたら、そんなに難しいセレクトモードがなかったです、PC版も一時期はまってた口でしたが、あちらはカード代がバカにならないので止めてます(^^;)
ただ、あの8人でプレイできる、ブースタードラフトとシールド構築戦ができないのは頂けない、とくにドラフトは面白すぎます。
800ポイントで普通に基本セットでプレイできるには、問題なく楽しく遊べました。
遊ぶモードとしては、対戦とCPU相手とチャレンジモードの3つですね。
ただカードは勝った時に一枚でランダムで手に入るのも、少なくてもどかしいですね。
負けは一枚、勝てば3枚とかくれれば、もっと張り合いがあるのに(^^;)
カードは使ってた色に合わして出てるぽい気がしました、それにしても一枚づつでは、理想のデッキを組むのに、どれだけ?かかるのか?思わず途方に暮れます。
気晴らしにプレイするには、いいかもしれません、というか自分は懐かしすぎて、一喜一憂して楽しんでましたから(^^)
[PR]
by penkunginkun | 2009-06-26 00:15 | ゲーム