みなさん!!こんにちは~ここではシューティングゲームや自作漫画描き中心に、色々思ったことを書いて、公開していきたいと思っております。 虫姫さま ふたり 自分の心に本当に響くゲームに出会えたことに感謝。


by penkunginkun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選( 8 )

今回は学校を3校選べるので、3周する勢いです(爆)
前作2の悪かった点がすべて改善されていて、すごく遊びやすく好感触でした(^^)

最近、最新アップデートも出て、問題だった点が更に改善されて、戦闘もスピーディに遊べて、ととものライフ(笑)を満喫できます♪

今回でようやく、ととものらしさが出てよかったです。

システムはWIZなので、完成されたシステムは、やはり安心した面白さであるのはこのゲームの強みですね。
今回もどっぷりはまってしまいましたね(^^)次回「4」も楽しみに待つとしましょう(爆)

WIZの基本的なキャラ育成で、BP高ポイント出るまで画面切り替えてたら(たまに高ポイントを見逃して凹む事アリw)、「64」とかありえない数値出てびっくりしたりしましたが(画像写真撮っておけばよかったと後悔Orz)

後半の固定宝箱はレア率高いので、欲しいレアアイテム狙って、妥協できる範囲で(爆)リセットしまくったりとか、自由度はかなり高いですね(アイテムにも色々属性付くので、有利な属性を狙うとキリがないです(^^;))
[PR]
by penkunginkun | 2010-11-09 21:40 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選

ラジルギノア

遊び始めると、とっつき易いので、ついつい夢中になるくらい面白いですね(^^)
1・2面のザコは破壊不可能弾を撃ってこないというのもいいですね(^^)
基本はアブゾネット(無敵になるボム見たいの)を溜め続けれれば、避けることを必要としないゲームです(後半はどこで溜め、使うか?を計画的に決めないと、避けれない弾幕に積みます(^^;))
b0069953_21595095.jpg

2億まで、あとすこしだったのにOrz
真END目指してプレイしています。

b0069953_2224062.jpg


その条件となるマイルストーンマークを持っている、奇数面(1・3・5・7面の間に破壊してMマークを手に入れる)ボスの撃破なんですが、赤く囲ったところを破壊しないと、中央にダメージが入らない作りになってます。

ちなみにこのボスは地上判定(アタリ判定無し)なので、密着して攻撃できます(しないと倒せないし(^^;))

とくに翼は紫で囲ったパーツを破壊しないと翼を破壊できなそうですので、パーツは剥ぎ取るといいでしょう。
中央にある程度ダメージを入れると、大弾を回転して撃たれるので、最後に破壊する形で、危険は避けた方がいいと思います(^^;)(なかなかかわしづらい)
[PR]
by penkunginkun | 2010-03-11 22:03 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選

ととモノ。2

結局こんなにプレイしたRPGも久しぶりなので、自分にとって今年の大作RPGなのかも(爆)

もしも二度目プレイする時のためのメモ残しとく。
[PR]
by penkunginkun | 2009-07-09 00:49 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選
WiiのVCAより配信されました。
アサルト
クラシックコントローラとGCコントローラのアナログスティックふたつを、使って戦車を操作するのですが、この操作慣れるまで、大変なんですが、操作してる感覚が新鮮で、操作してるだけで面白い名作だと思います(^^)
音楽もカッコイイですしね♪
PSのナムコミュージアムにも移植されてましたが、あちらはふたつのアナログコントローラに対応してなかったので(ツインアナログスティックのコントローラ出る前に発売してたので)、このゲームの醍醐味が半減してました(^^;)
本来ツインスティックで遊べるのが最高なんですが、クラシックコントローラでもそれなりにまだ遊べる感じはしてます(無いよりマシといった感じでしょうか)
今度出るクラシックコントローラPROのグリップあるバージョンの方が、しっくりくるのか?ためしたいところです。
でも操作してると楽しいです♪病み付きです♪焦ってもたつくのも、なんとももどかしい面白さがあります(爆)
ようやくクラシックコントローラの力が発揮された気がします(笑)


ついでにホッピングマッピーもぺタリ(笑)


[PR]
by penkunginkun | 2009-06-17 22:17 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選
早速ダウンロードしてプレイして見たら、懐かしさ炸裂してしまいました(爆)

なんでしょう・・・昔って結構美化されていて、あれ?と思うこともしばしばなのですが(^^;)

これに関しては、自分は色褪せない名作だな~と痛感致しました(^^)

これがやりたかったんだ~節が炸裂しまくりで、つい熱くなりすぎて、パッドを使ってたので、親指が痛い状況に陥りましたOrz

昔からだいぶ腕が落ちてましたね、というかパターン忘れてるし(^^;)

昔は3-3(ゲーム中最大の山場)が限界でした、しかし今回は、モロ初心者よろしく!ということで、初心者ころしの1-4の恐竜こと、ティラノから先に進めない状況には参りましたOrz

でも動画サイトでクリア映像や攻略サイトで、学習していたので、いろんなこと試してたせいかも知れません(言い訳(爆))

攻略サイトの意外にも小技の多さに、奥深さを感じましたね、自分なんて、徹底的なスタンダードなプレイでしたから(^^;)

しゃがみキックを主体として、裁き切れない敵の近接状態には、ハイキックを使い、空中の敵には垂直ジャンプハイキックとこの3点でした。
開脚ジャンプキックのアタックボタン長押しによる、左足が多段ヒットするとか、ジャンプキック(レバー横)が威力2倍とか、反転リング技とか、3-1のクラブフェンサーの安置必勝法とか、まったく知らなかっただけに、これらを知ることで攻略の幅が広がり、プレイしていてとても楽しくなりました(^^)
まったくもって有り難い時代になりました(^^)

ついでにワンダーモモの歌も見つけたので、載せとこう(笑)昔テープ持ってたのに・・・(遠い目)



自分が知ってることって、アマゾネスのジャンプを誘って、着地をねらってしゃがみキックで攻撃するぐらいしか(^^;)

しかしWiiのHORIスティック感度悪いから、サンワ製に換装した方がいい気がしてきました(^^;)

アーケードの違い?
[PR]
by penkunginkun | 2009-06-16 19:59 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選

第三回鋳薔薇

今思うと最初は面白さがよくわからなくて、困惑してました(爆)
しかも「絶対に面白いに違いない!」と、自分に言い聞かせてプレイしてました(爆)
それもそのはず、空気の読めてない2面の第四形態といい(爆)
「何で?二面ボスから先に進ませない気まんまんなんだ!?」にへこみました(それでいて4面ボスの弱いこと逆じゃない?と思ったものです(笑))
それでも不思議なもので慣れてしまうと何でもなかったりと、まぁ不思議なゲームです鋳薔薇って(爆)
このゲームの最大の特徴はタメボムの「波動ガン」です。
滅茶苦茶強い!!、一面のボスを一撃で倒します!これには吹きました(笑)
ラスボスでさえ二撃です(笑)
持続時間も長いし残像も残るし、無茶苦茶です、これを使いこなしてこそ、鋳薔薇の面白さがグンと上がります。
自分も波動ガンなかったら遊んでなかったかも(爆)

必殺の一撃こそ漢のロマン!!(爆)

そんな波動ガンにも色々特徴がありまして、着弾させるより、カスらせると強いとか、ボスを上手くカスめると、一撃で粉砕します(これも醍醐味)
波動ガンの残像でザコを破壊すると、ザコが勲章を落としてくれるので稼ぎまくりとか、色々と用途があるアタリ奥が深いです(アレンジモードだと弾先で敵の弾を勲章に変えたりします)

あと3面の列車貨物破壊が爽快感アリ!(ウリのひとつかと曲も燃えるし(笑))
[PR]
by penkunginkun | 2007-09-05 01:02 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選

第二回虫姫さま

自分のシューティングゲームの原点ですね。
虫姫さまとの出会いはそうあれは・・・
この前にエスプガルーダのアレンジモードで、錬金の面白さにはまり、シューティングゲームの奥深さと面白さを知ったころ、ちょうど新作の虫姫さまを見かけてプレイしました。
その時は1面のボスでゲームオーバーになって、一番簡単な?オリジナルモードで、こんなに難しいのかと思い知ったのに、ガルーダの時を思い出し、このゲームもどこか?面白いところがあるに違いないと、面白さを追求してプレイし出したのが、キッカケでした。
攻略本も読み研究して、進めてるうちにしだいにはまりだしまして、今に至りますね。

5面までたどり着いた感動は今でも忘れません!あの波状攻撃をさばく快感に酔いしれ、虫姫さまが大好きになりました。
決してキャラ萌えから始まったのではなく、ゲーム性ありきから、キャラにはまった口なのです(^^)

そして虫姫さまと言えば!切り返し!重要!これが顕著に現れるのが、3面でしょうか。
弾の切れ目を見切り、右端から左端へと切り返す技術は、3面が練習的作りだったのが、初心者の自分には凄く好感でした(当時は本を読んで、切り返しって何ぞや?と思ったものです、何度も練習してモノになった時は嬉しさも一塩でした)。

今まで適当にアドリブでかわしてた自分に、虫姫さまはシューティングゲームのノウハウを教わったゲームでもあったんです(^^)

そのあとは「虫姫さま ふたり1.5」のオリジナルモードの完璧なバランスに、骨抜きにされてしまいましたが(爆)
1~3面はウオーミングアップ的つくり、4面からドキドキ切り返しパニック!(脳汁出まくり)
に燃えまくりです。
[PR]
by penkunginkun | 2007-09-05 00:34 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選
DCに発売されても、今回は珍しく他機種版に、移植発表が遅れてるカラスです(ラジルギの時はもうすでに、GCとPS2に発表されてましたが)

そんな見た目・タイトルと地味な印象の「カラス」ですが、大変奥深く面白いゲームかと思います(3作目にしてマイルストーンの傑作かと存じます)

そんなカラス攻略の一面動画は

コチラ
初心者の方お勧めプレイですね、自分も最初のころは、ほぼこの通りプレイしてました、一面で盾をLV50目指すプレイ!、あとあとラクになるので、カラスのゲーム性を十分に堪能できるお勧めプレイです。

しかしこれほど弾を撃たないシューティングも珍しいでしょう?変わってます!!(爆)
開幕シールドで突っ込むなんてありえない!(笑)
さらに!バリアを展開することで、それに触れた敵が赤く点滅します、その敵を倒すことで、通常の3倍の経験値を得ることが出来、尚且つシールドは他の武器より、敵を倒した時の、バリアゲージが溜まりやすいので、連続使用出来てうはうはモードに(爆)
さらに雑魚編隊を素早く全滅させると、次の編隊がすぐに出てくる、俗に言うシューティング用語「早回し」があるため、次々と敵を素早く一掃して稼ぐという、大変奥深い作りです。
こういうところがカラスの奥深い一面であり、他で見られない魅力又は面白味かと存じます。
機会があればプレイすることをお勧めします(シューティングゲームと言うよりは、アクションゲームみたいな感じに感じますが(というのもショットよりソードの方が圧倒的に強いため(爆))

第一回ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選でした~♪(本当は虫姫さまのことを、語りたかったのですが、語りつくせないために、また別の機会にしたいと思います(爆))
[PR]
by penkunginkun | 2007-05-05 00:24 | ペン蔵の個人的面白ゲーム評価選